「チーム」の意味から考えるチーム活性化に大切なこと

チームや組織の課題を解決するためには原因の把握が大切

「チーム活性化」・「組織活性化」という言葉はよく聞かれますが、

  • 職場のコミュニケーションが乏しく、認識の相違による作業ミスや手戻りが多い
  • ミーティングで活発な意見のやり取りが行われない、またはネガティブな意見が多く前向きな議論ができない
  • 隣の席のメンバーが何をしているかわからないためちょっとしたことも気軽に相談できない

といった組織や職場環境の課題はビジネスを営む企業や組織ではどこでもよく聞く話かと思います。

続きを読む

No Rating(ノーレイティング)による継続的な評価マネジメントへ

No Ratingで従来の評価制度を見直す企業が増えている

「心理的安全性がもたらすチーム活性化」という記事で書きましたが、googleの研究チームが発表した「心理的安全性」という言葉は世の中に大きなインパクトを与えました。

「心理的安全性」の話の中では、社員の行動や評価に点数を付けること、つけられることが、本人やチームのパフォーマンスを発揮することの阻害要因になるのではないかということがいわれています。

また、近年、世界的な先進企業を中心に従来の点数やランク付けをする評価制度を見直し、NoRatingの制度を導入する企業が増えています。

代表的な例では、GE、GAP、マイクロソフト、アクセンチュア、アドビなど多くの企業で、従来の評価制度を見直し、点数付けしないいわゆるNoRatingの仕組みを導入する企業が増えています。

中でもGEといえば9ブロックという人事評価制度の代表的な仕組みを考えた企業。そのGEも自ら生み出した評価制度を見直し、新しいNoRatingの制度を導入していることに従来の評価制度のままでは上手くいかない現代の企業の課題がうかがえるといえます。

従来の評価制度における問題点

従来の評価制度とは、その多くは目標管理制度(MBO)を導入している企業がほとんどだと思います。日本の企業でも目標管理制度を導入し運用している企業も多いことでしょう。

続きを読む

企業理念やクレドを浸透させ、組織力を向上させる方法

企業理念クレドとはその企業の存在意義や、その企業が大切にしていること、そこで働く社員の行動指針などを言語化したものです。

世の中の多くの企業が企業理念やクレドを作成し、企業活動を行っていますが、企業理念やクレドを作る目的は大きくは以下の2つになります。

  • 社員や従業員など共に働く社員に対して、価値観や認識を共有する内部向けの目的
  • ホームページや営業資料などに記載することでPRやブランディングとして利用する外部向けの目的

今回はこの内、内部向けの、社内で企業理念やクレドを浸透させるということをテーマに紹介したいと思います。

続きを読む

失敗しない!サンクスカード導入手順のポイント

ある日、「あなたの会社でサンクスカードを使っていると聞きました。うまく活用できていますか?」

という質問をされたとき、

「はい。サンクスカードで日頃の感謝の気持ちを伝えることができ、相手も自分もポジティブに仕事に取り組むきっかけになっていると思います。また、サンクスカードをきっかけに社内のコミュニケーションも活発になり以前より仕事がしやすくなりました。」

といった回答が返ってきたらサンクスカードが上手く社内で運用されていることでしょう。

会社ごとにサンクスカードを使う目的が異なるため、上記は1つの事例となりますが、サンクスカードの運用はそこで働く社員全員で利用することがほとんどです。その為、社員1人1人がサンクスカードの利用をポジティブに受け取り、活用できている状態が望ましい状態だといえます。

社内のコミュニケーションに課題を感じ、活性化の施策の1つとしてサンクスカードの利用を検討している会社も多いと思います。

そこで、今回は、

  • サンクスカードの導入を検討しているが何からはじめてよいかわからない
  • サンクスカードを導入してみたが上手く運用(定着化)されない

といった場合、サンクスカードを導入する基本的な手順と、それぞれの手順で抑えておく大事なポイントを整理してお伝えしたいと思います。

続きを読む

心理的安全性がもたらすチーム活性化

心理的安全性が高いほどチームのパフォーマンスは高くなる

「心理的安全性」という言葉は2012年にgoogleがチームの生産性を調査した結果、生産性が高いチームは「心理的安全性」が高いという発表をしたことで話題になりました。

心理的安全性が高いチームは簡単にいうと、自分の思っていることをお互いに言い合える空気や雰囲気が出来上がっていたり、わからないことを気軽に聞けたり、失敗やミスしたことを素直に報告・共有できるチームで、コミュニケーションが活発に行われている状態だと言えます。

Googleの発表したチームの生産性と心理的安全性の関係についての話は、いかにチームに優れた人が集まっても、チームとして機能するにはお互いに意見を言い合えたり出し合ったりできる空気や雰囲気が大切だということだと言っています。

また、「チームが機能するとはどういうことか」という本の著者であるエイミー・C・エドモンドソン教授も、チームが機能するには「心理的安全性」が高いほど活発な意見の交換や、失敗の共通などがされ、結果としてチームとして成長していくとしています。

心理的安全性を妨げる4つの不安

では、チームをまとめるマネジメントやリーダー、チームのパフォーマンスを上げたいと考えているメンバーが、「心理的安全性」を高めるために、「みんな思ったことを活発に言い合おう」と発言したとしても、なかなか思い通りにはならない場合もあります。それは、人は心理的に以下の4つの不安を感じるとされています。

続きを読む

サンクスカード・サンキューカードで社内コミュニケーションを活性化

サンクスカードサンキュカードといったコミュニケーション活性化する仕組みは以前から職場に限らず色々な場所で行われてきました。

どこかでサンクスカードを実際にもらったことのある人も多いのではないでしょうか。

最近、職場や社内のコミュニケーションを活性する仕組みとしてサンクスカードを利用する企業が増えています。

この記事ではサンクスカードの仕組みやメリットやデメリットなどを紹介したいと思います。

続きを読む

中小企業が給与明細を電子化する前に必ずしなければいけないこと

給与明細の電子化で人事給与業務の効率化・利便性の向上へ

毎月の給与支給日に支給されるものは「お金」に合わせて、その内訳を記載した「給与明細書」があります。日本中の「給料」をもらっている人は毎月何らかの形で給与明細書をもらっているはずです。なぜならば給与明細書を交付することは法律(所得税法)で決められている企業の義務のため、必ず給与明細書を渡す必要があるからです。

法律的にも定められていることですが、仮に法律は抜きにしても社会通念上、給与明細書はもらうことが当たり前な世の中だと思います。(給与明細書がないと支給された給与の内訳も内容もわからないため、普通に困りますしね。)「給与明細書」は、数人でいつも顔を合わせて仕事をしているような企業であれば紙で手渡しすれば事足りるかもしれませんが、この給与明細書の配布作業は意外と手間がかかるものです。紙で配布する場合にも、

続きを読む

2017年版:社会保険手続きを電子申請できる人事システム・サービスまとめ

社会保険の手続きは電子申請にしよう

社会保険の手続きといえば、新しい社員が入社したら社会保険の「資格取得届」、社員が退職したら「資格喪失届」、毎年7月には「算定基礎届」と、社会保険手続きを行ったことがある人にはおなじみの届出かと思います。

この社会保険の届出は基本的には紙に手書き・またはシステムからプリンターに印刷され、それを社会保険事務所(年金事務所)を訪問し提出する企業が多いかと思います。社員の入社・退社は毎月1人でも発生すれば届出は提出する必要があるため、定期的に年金事務所に足を運ぶことになります。申請書類を準備して、オフィスから年金事務所への往復・・提出書類の不備があったら郵送か場合によっては再度訪問・・・と、時間と手間がかかる作業になります。

これらの作業をオフィスにいながらインターネットを通じて申請することが可能になるのが「電子申請」です。電子申請ができればわざわざ年金事務所を訪問することも、窓口で順番を待つ必要もなく、自分の都合の良いタイミングで効率的に申請することができます。

続きを読む

2017年版:無料で使える勤怠・就業システムサービスまとめ

無料で利用できる勤怠・就業管理のシステムやクラウドサービスをまとめてみた

勤怠・就業管理のシステムやクラウドサービスはたくさんの種類がありますが、その中でも「無料」で利用できるサービスをまとめてみました。中小企業など少人数の企業やチーム、あまり豊富な機能は必要なくシンプルに出勤・退勤が管理できれば良いなど、要件は異なると思いますがマッチすればコストをかけずに社員の勤怠を管理することができます。

※投稿時点の情報を元にしているため、内容は変わる可能性はありますのでご注意ください。

IEYASU
https://www.ieyasu.co/

勤怠管理のクラウドサービス。
利用人数が数人までは無料だが管理人数が増えてくると有料になるクラウドサービスが多いですが、管理人数の制限は特にないのが印象的です。無料プランだと、・データの保存期間が1年間・バナー広告が表示される・有給休暇の付与が自動付与ではなく手動(マニュアル)での付与という制約があるようです。

続きを読む

人事評価を評価システムで管理する3つのメリット

評価制度を運営・管理する作業は手間がかかる

企業・組織の中で複数人が働いていれば「評価」や「人事考課」といった、人が人を評価するシーンがあると思います。会社を立ち上げたばかりで数人の頃は顔を付け合わせて働いているのでそれほど意識せず働いている会社もあると思いますが、何らかの基準で評価されそれに見合った報酬をもらうプロセスは必ず発生するといってよいでしょう。

しかし社内で評価制度を構築・導入し、実際の評価の実施や運用を行おうとすると、対象人数が多ければ多いほど業務は煩雑化し手間がかかるものです。評価制度の運営・管理は主に人事担当者が主体になって行うことが多いと思いますが、本来人事担当者は評価内容を十分に吟味し、昇進・昇格・報酬案を考えたり、会社組織や人員配置などの人事施策を検討することに時間を費やしたいものですが、評価時期になると評価の結果を集めるだけで一苦労ということも往々にあると思います。

そんな時に評価管理システムを導入することで大きく3つのメリットがあると考えられます。

続きを読む