システム

失敗しない!サンクスカード導入手順のポイント

ある日、「あなたの会社でサンクスカードを使っていると聞きました。うまく活用できていますか?」

という質問をされたとき、

「はい。サンクスカードで日頃の感謝の気持ちを伝えることができ、相手も自分もポジティブに仕事に取り組むきっかけになっていると思います。また、サンクスカードをきっかけに社内のコミュニケーションも活発になり以前より仕事がしやすくなりました。」

といった回答が返ってきたらサンクスカードが上手く社内で運用されていることでしょう。

会社ごとにサンクスカードを使う目的が異なるため、上記は1つの事例となりますが、サンクスカードの運用はそこで働く社員全員で利用することがほとんどです。その為、社員1人1人がサンクスカードの利用をポジティブに受け取り、活用できている状態が望ましい状態だといえます。

社内のコミュニケーションに課題を感じ、活性化の施策の1つとしてサンクスカードの利用を検討している会社も多いと思います。

そこで、今回は、

  • サンクスカードの導入を検討しているが何からはじめてよいかわからない
  • サンクスカードを導入してみたが上手く運用(定着化)されない

といった場合、サンクスカードを導入する基本的な手順と、それぞれの手順で抑えておく大事なポイントを整理してお伝えしたいと思います。

続きを読む

サンクスカード・サンキューカードで社内コミュニケーションを活性化

サンクスカードサンキュカードといったコミュニケーション活性化する仕組みは以前から職場に限らず色々な場所で行われてきました。

どこかでサンクスカードを実際にもらったことのある人も多いのではないでしょうか。

最近、職場や社内のコミュニケーションを活性する仕組みとしてサンクスカードを利用する企業が増えています。

この記事ではサンクスカードの仕組みやメリットやデメリットなどを紹介したいと思います。

続きを読む

中小企業が給与明細を電子化する前に必ずしなければいけないこと

給与明細の電子化で人事給与業務の効率化・利便性の向上へ

毎月の給与支給日に支給されるものは「お金」に合わせて、その内訳を記載した「給与明細書」があります。日本中の「給料」をもらっている人は毎月何らかの形で給与明細書をもらっているはずです。なぜならば給与明細書を交付することは法律(所得税法)で決められている企業の義務のため、必ず給与明細書を渡す必要があるからです。

法律的にも定められていることですが、仮に法律は抜きにしても社会通念上、給与明細書はもらうことが当たり前な世の中だと思います。(給与明細書がないと支給された給与の内訳も内容もわからないため、普通に困りますしね。)「給与明細書」は、数人でいつも顔を合わせて仕事をしているような企業であれば紙で手渡しすれば事足りるかもしれませんが、この給与明細書の配布作業は意外と手間がかかるものです。紙で配布する場合にも、

続きを読む

2017年版:社会保険手続きを電子申請できる人事システム・サービスまとめ

社会保険の手続きは電子申請にしよう

社会保険の手続きといえば、新しい社員が入社したら社会保険の「資格取得届」、社員が退職したら「資格喪失届」、毎年7月には「算定基礎届」と、社会保険手続きを行ったことがある人にはおなじみの届出かと思います。

この社会保険の届出は基本的には紙に手書き・またはシステムからプリンターに印刷され、それを社会保険事務所(年金事務所)を訪問し提出する企業が多いかと思います。社員の入社・退社は毎月1人でも発生すれば届出は提出する必要があるため、定期的に年金事務所に足を運ぶことになります。申請書類を準備して、オフィスから年金事務所への往復・・提出書類の不備があったら郵送か場合によっては再度訪問・・・と、時間と手間がかかる作業になります。

これらの作業をオフィスにいながらインターネットを通じて申請することが可能になるのが「電子申請」です。電子申請ができればわざわざ年金事務所を訪問することも、窓口で順番を待つ必要もなく、自分の都合の良いタイミングで効率的に申請することができます。

続きを読む

2017年版:無料で使える勤怠・就業システムサービスまとめ

無料で利用できる勤怠・就業管理のシステムやクラウドサービスをまとめてみた

勤怠・就業管理のシステムやクラウドサービスはたくさんの種類がありますが、その中でも「無料」で利用できるサービスをまとめてみました。中小企業など少人数の企業やチーム、あまり豊富な機能は必要なくシンプルに出勤・退勤が管理できれば良いなど、要件は異なると思いますがマッチすればコストをかけずに社員の勤怠を管理することができます。

※投稿時点の情報を元にしているため、内容は変わる可能性はありますのでご注意ください。

IEYASU
https://www.ieyasu.co/

勤怠管理のクラウドサービス。
利用人数が数人までは無料だが管理人数が増えてくると有料になるクラウドサービスが多いですが、管理人数の制限は特にないのが印象的です。無料プランだと、・データの保存期間が1年間・バナー広告が表示される・有給休暇の付与が自動付与ではなく手動(マニュアル)での付与という制約があるようです。

続きを読む

人事評価を評価システムで管理する3つのメリット

評価制度を運営・管理する作業は手間がかかる

企業・組織の中で複数人が働いていれば「評価」や「人事考課」といった、人が人を評価するシーンがあると思います。会社を立ち上げたばかりで数人の頃は顔を付け合わせて働いているのでそれほど意識せず働いている会社もあると思いますが、何らかの基準で評価されそれに見合った報酬をもらうプロセスは必ず発生するといってよいでしょう。

しかし社内で評価制度を構築・導入し、実際の評価の実施や運用を行おうとすると、対象人数が多ければ多いほど業務は煩雑化し手間がかかるものです。評価制度の運営・管理は主に人事担当者が主体になって行うことが多いと思いますが、本来人事担当者は評価内容を十分に吟味し、昇進・昇格・報酬案を考えたり、会社組織や人員配置などの人事施策を検討することに時間を費やしたいものですが、評価時期になると評価の結果を集めるだけで一苦労ということも往々にあると思います。

そんな時に評価管理システムを導入することで大きく3つのメリットがあると考えられます。

続きを読む

2017年版:人事システム・サービスを効率的に探す方法

人事システムを探すにはHRTechの展示会に行くのが効率的

社内の人事情報をシステムで管理しようと考えるタイミングは様々なシーンがあると思います。

  • 社内に人が増えて来て、顔と名前が一致しなくなってきたため人事システムで情報を管理して見える化したい
  • 人の入社・退職の手続きで業務の多くの時間がとられているため、作業を効率化したい
  • これまでは人事情報をエクセルで管理していたがどのエクセルが最新がわからなくなったり管理が煩雑なため、更新履歴がわかり常に最新の状態で管理できる仕組みが欲しい

など・・・
上記はほんの一例にすぎず、「人事システム」と一言で言っても、

  • 従業員を募集するページや応募者、選考状況を管理する採用管理システム
  • 日々の出社・退社など勤務状況を管理する就業管理・勤怠管理システム
  • 毎月の給料を支払うための給与計算システム
  • 人の配置や評価・パフォーマンスを管理・見える化するタレントマネジメントシステム

というように、人事システムと言っても、目的や解決したい課題によって様々なものがありますが、何らかの理由により人事システムの導入検討を始めた場合に、共通して行うことがあり、それは世の中の人事システム・サービスの情報収集となります。

最近はHRTechという言葉をキーワードに様々なテクノロジーを使って人事業務や組織の課題を解決するサービスが次々に世の中に登場してきています。インターネットで「人事システム」とキーワードを入力して検索すればたくさんの製品やサービスのページがヒットすると思いますが、ホームページの記載を見ただけでは、今一つイメージが湧かない部分や、もう少し具体的な操作性などが知りたいものもあるかと思います。

1つ1つのサービスを提供会社に問い合わせながら見積りを取りながら・・・と進めているとあっという間に時間だけが過ぎてしまうこともあるかと思います。

続きを読む