育成

No Rating(ノーレイティング)による継続的な評価マネジメントへ

No Ratingで従来の評価制度を見直す企業が増えている

「心理的安全性がもたらすチーム活性化」という記事で書きましたが、googleの研究チームが発表した「心理的安全性」という言葉は世の中に大きなインパクトを与えました。

「心理的安全性」の話の中では、社員の行動や評価に点数を付けること、つけられることが、本人やチームのパフォーマンスを発揮することの阻害要因になるのではないかということがいわれています。

また、近年、世界的な先進企業を中心に従来の点数やランク付けをする評価制度を見直し、NoRatingの制度を導入する企業が増えています。

代表的な例では、GE、GAP、マイクロソフト、アクセンチュア、アドビなど多くの企業で、従来の評価制度を見直し、点数付けしないいわゆるNoRatingの仕組みを導入する企業が増えています。

中でもGEといえば9ブロックという人事評価制度の代表的な仕組みを考えた企業。そのGEも自ら生み出した評価制度を見直し、新しいNoRatingの制度を導入していることに従来の評価制度のままでは上手くいかない現代の企業の課題がうかがえるといえます。

従来の評価制度における問題点

従来の評価制度とは、その多くは目標管理制度(MBO)を導入している企業がほとんどだと思います。日本の企業でも目標管理制度を導入し運用している企業も多いことでしょう。

続きを読む

企業理念やクレドを浸透させ、組織力を向上させる方法

企業理念クレドとはその企業の存在意義や、その企業が大切にしていること、そこで働く社員の行動指針などを言語化したものです。

世の中の多くの企業が企業理念やクレドを作成し、企業活動を行っていますが、企業理念やクレドを作る目的は大きくは以下の2つになります。

  • 社員や従業員など共に働く社員に対して、価値観や認識を共有する内部向けの目的
  • ホームページや営業資料などに記載することでPRやブランディングとして利用する外部向けの目的

今回はこの内、内部向けの、社内で企業理念やクレドを浸透させるということをテーマに紹介したいと思います。

続きを読む