5つのケースから学ぶ!サンクスカード定着のポイント

サンクスカードを社内に定着させるには抑えるポイントがある

社内のコミュニケーションの活性化や企業理念や行動指針の浸透などの目的で、サンクスカードを使いはじめてみたものの、いざ使いはじめてみると思ったように利用が進まない。。そんな会社もあると思います。

サンクスカードの利用を社内に浸透させるには、いくつか抑えるべきポイントがあり、そこを抑えないとせっかく頑張ってサンクスカードの利用を開始したにもかかわらず、思ったような効果が出ず、苦しい思いをしてしまうことも考えられます。

ここではサンクスカードの活用が上手く進まない具体的なケースから、サンクスカードの活用が進まない「原因とその対策」について考えてみたいと思います。

尚、ここで挙げるケースについては、仮想ケースとなります。実際には会社ごとの企業理念やカルチャー、組織風土、置かれている状況などは様々なため必ずしも一致しない部分もあるかと思いますが、自身の会社と照らし合わせて読んでいただくことで、何かしらのヒントになれば幸いと考えています。

 

ケース1:導入することが目的になってしまうケース

早速1つ目のケースを見ていきます。

1つ目のケースとしては、サンクスカードを導入することが目的になってしまうケースです。

新しいシステムや仕組みを導入する時にもよくある話だと思いますが、導入当初に考えていた目的が、いつの間にか導入すること(利用が開始されること)に変わってしまうケースです。

サンクスカードの導入や活用を考えていた当初には、そもそもサンクスカードを使って解決したいことやもっとよくしたいことなど、いわゆる「目的」があるもので、その課題を解決したり目的を達成するためのツール(方法)としてサンクスカードを使う案が出てきたと思います。

導入当初はそう思ってサンクスカードの利用に向けた作業を開始するものの、例えば、サンクスカードのデザインをどうするか、運用ルールをどうするか、社内への案内をどうするかなど、社内へサンクスカードの利用を展開するには色々と考えることや、やるべきことがあるもので、そうした作業に時間を取られていると、だんだん

予定どおりサンクスカードの利用を間に合わせないといけない

とだんだんと意識が変わってきてしまうケースがあります。サンクスカードの導入が、例えば社内プロジェクトとしてチームが立ち上がっているなどしていると、尚更プロジェクトを予定どおり進行させなければ・・という思いが強くなってしまい、そうなると益々「利用を開始させること」に意識が行ってしまうものです。

しかし導入を進める担当者の「目的」がブレてしまうとそれを使う社内の人たちの目的もブレてしまうものです。よって、サンクスカードの導入作業 の中で常に当初の「目的」を思い出しながら作業を進めることが大切になります。

ポイント
・サンクスカードを活用する目的を見失わずに進めることが大切

 

ケース2:自由に使っていい空気を出すケース

2つ目のケースは「サンクスカードを導入したのでみんな自由に使ってください!」というケースです。

サンクスカードを導入することで

  • 社内コミュニケーションを活性化させたい
  • お互いの行動に目を向けて、褒め合う文化やありがとうを言い合う職場を作りたい

などサンクスカードを使って、働く社員により活き活きと働いてほしいという思いからサンクスカードを導入した場合を考えてみましょう。

ここでのポイントは「自由」という部分です。

サンクスカードの導入当初は興味本位から使う社員もいると思いますが、この場合にはサンクスカードがなかなか使われないことが考えられます。

「自由」というと一見すると社員の自主性を尊重して、会社からの強制もなく社員みんなが伸び伸びとサンクスカードを利用しそうな気もしますが、一方で、「サンクスカードを送るのも自由、逆にサンクスカードを送らないのも自由」ということになります。

つまりサンクスカードを送っても送らなくてもどっちでもいいということなので、よほどのことがない限りはだんだんと送らなくなるケースが考えられます。人はやらなくていいことは進んでやらないことも多いですし、ましてや仕事や他の業務で忙しい中であえてサンクスカードを送ることに意識がいく機会も減っていくことでしょう。

そのため、サンクスカードをなぜ使うのかをきちんと社員に伝えた上で使い始めることが大切になります。

ポイント
・自由にどうぞと言われるのは使っても使わなくてもどっちでもよいということ。
・サンクスカードを使う意味をきちんと伝えることが大切

 

ケース3:こうしたいというゴールだけ伝えるケース

3つ目のケースは「サンクスカードを使ってこんな会社にしたいんだ!」とだけ伝えるケースです。

サンクスカードを使う目的はケース2のように

  • 社内コミュニケーションを活性化したい
  • 企業理念や行動指針を浸透させたい

など何らかの目的があって使い始めることになるかと思います。サンクスカードの準備が整い、「さあ使い始めましょう。」という時には社内の社員に向けて説明を何らかすると思います。

この説明をする場であるのは

「今回サンクスカードを会社として使い始めることにしました。サンクスカードを使って我が社のXXXを実現できるようにしたいと考えているのでぜひみなさん積極的に使ってください。」

という説明をするケースが考えられます。この場合にもサンクスカードの活用が上手くいかないことが考えられます。

ケース1とケース2に登場した「サンクスカードを使う目的」は明確になっていて、社員にそれを周知していますが、このケースで足りないのは「手段(ルール)」です。

サンクスカードを使って目指す利用の組織や社員の行動は理解できるが、「じゃあ実際にサンクスカードをどうやって使うの?」とう部分がないケースとなります。

この場合には、言っていることはわかるが、人によって使い方も受け取り方もバラバラになり、みんなが同じ認識でサンクスカードを使うことは難しいといえます。

そのため、サンクスカードを使う上での前提となる使い方やルールをしっかりと決めて、社員に周知することが大切になります。

ポイント
・自分の想いと社員の想いにギャップはあるもの
・社員が使いやすいように使い方や運用ルールを決めて伝えることが大切

 

ケース4:使っても使わなくても変わらないケース

4つ目のケースとしては、使っても使わなくても変わらないケースです。

今までのケースで見てきた「目的」や「使い方」「運用ルール」は社員に周知されているがなかなか活用が進まないケースとなります。

この場合に考えられることは、サンクスカードを使う目的も運用ルールも理解しているが、サンクスカードをもらったり送ったりしたことに対して、何かしら目に見える良いことがない場合によくあるケースです。

例えば、目指す組織やチームの姿としてはお互に褒め合ったり・感謝を送りあったりして、強いチームや組織を作りたいと思っているとした時に、サンクスカードが定着し、サンクスカードを送ること自体が自然になっていけばそれが会社の文化として根付き、サンクスカードがなかったとしてもお互いを褒め合う社風のようなものは生まれてくると思います。

しかし、サンクスカードを使い始めた最初は使うきっかけが必要なことも多く、例えばサンクスカードをたくさんもらった人や送った人を表彰するとか、サンクスカードの内容を精査してピックアップするなど、何らか目に見えるフィードバック(見返り)があると、積極的にサンクスカードを使おうという意識が向上すると思います。

ポイント
・見返りや反応がないとなかなか続かないもの、たくさんサンクスカードをもらった人や送った人を表彰するなど何らかのリアクションを設けてみよう

ケース5:サンクスカードだけに頼ってしまうケース

最後に5つ目のケースを考えてみます。

5つ目のケースは「サンクスカードだけ」を会社の取り組みとして使ってしまうことです。

サンクスカードは社内コミュニケーションを活性化させたり、企業理念を浸透させるツールとして有効ですが、サンクスカードはあくまで1つのツールであるということを認識することが大切です。

「サンクスカードだけ」ではなく、サンクスカードを使う「目的」に対して、色々な取り組みを組み合わせながら使うことがとても大切になります。

サンクスカードで良い行動を褒め合う文化を作ろうとするのであれば、「良い行動(行動指針)」を記載したカードを社員に身に付けさせる。

組織の垣根を超えてコミュニケーションを活性化させるためには、社員の簡単なプロフィールを公開し、お互いのプロフィールを検索できるようにすることで、話す機会やきっかけを増やす。

など会社が解決したい課題や、達成したい目的に合わせて色々な方法や施策を組み合わせて利用することで、サンクスカードの活用も浸透していくものとなります。

ポイント
・サンクスカード以外にも会社の課題を解決する方法はあるもの
・それらを組み合わせて使うことで、より課題解決への効果が期待できる

 

最後に:サンクスカードの導入から学ぶことは多い

ざっと5つのケースを元にサンクスカード活用に向けたポイントを説明してきました。

この記事を読むと

  • サンクスカードの社内への導入も色々と考えることがあり大変そうだな
  • 社内への導入が上手くいくだろうか

とネガティブに考えてしまう場合もあるかと思いますが、世の中にはサンクスカードを上手く活用して、自分たちの目指す会社を作っている会社はたくさんあります。

しかしそれらの会社もサンクスカードを使いはじめてすぐに今のようにサンクスカードの活用が上手くいった会社ばかりではないと思います。

サンクスカードの導入をしてみると、その作業の中で、会社としての考え方、社員の考え方や行動、会社に対する社員の想いなど色々なことが見えてくるものです。

サンクスカードを導入してみたが上手くいかない

ということがあった場合には、それは会社側と現場(社員)との想いにギャップがあったり、会社と社員のベクトルが合っていないことに気づくきっかけになる場合もあります。

そうした課題に気づき、考え、その課題を1つ1つ解決していくことで、サンクスカードのそもそも「目的」を達成することにつながっていくものと考えています。

 

サンクスカードをクラウドで簡単運用
初期費用なしで気軽に開始

Sharinはサンクスカードをクラウドで簡単に運用することができるサービスです。

・お互いの感謝を見える化し、職場内を活性化させたい
・1人1人の日々の頑張りや良い行動を見える化し評価したい
・組織や部門の垣根を超えたコミュニケーションを活性化させたい

など、色々な組織の課題を解決し、より良い組織・チーム作りを実現することができます。

初期費用なし、1人300円/月から、すぐに始められる安心サービスです。


詳しくはこちら