面談のスタイルや形式は会社ごとに千差万別

「面談」というと少々堅苦しく聞こえますが、「面談」という言葉を辞書などで調べてみると「直接合って話をする。」ということです。

その意味をイメージしながら、社内を振り返ってみると、会社の中では様々な「面談」があちこちで行われていると思います。

近頃は「面談」という言葉を使わずに「ミーティング」という言葉を使って、上司と部下が1対1で面談を行う1on1ミーティングという言葉もよく聞くようになりました。

面談は、人事との面談、上司との面談など「誰」との面談なのかや、評価の面談や、キャリアの面談、日々の働き方に関する面談など「何」についての面談なのか、複数人で行うものか1対1で行うものかなど「形式」も色々なものがあります。

「面談」と一言で言ってもその目的やタイミングなどは会社によって様々なため、自社でも「なんとなく行っている面談を仕組み化したい」と考えたときに、どのような仕組みで面談を行えばよいか、仕組みを考える担当者は頭を悩ませるものです。

そこで今回は面談の種類と特徴をまとめてみたいと思います。

続きを読む